News

2018.11.26

脂肪組織由来の間葉系幹細胞から血小板の製造方法に関する特許が日本並びに米国で成立

慶應義塾大学医学部・臨床研究推進センターの松原由美子特任准教授、医学部の池田康夫名誉教授、医学部の宇留賀友佳子特任助教らが発明者であり、当社が出願人である発明の名称「間葉系細胞を利用した巨核球、血小板及び/又はトロンボポエチンの製造方法」の特許が日本(特許第6425308号)並びに米国(Patent No. 10,113,147)において登録されました。

  • HOME
  • NEWS
  • 脂肪組織由来の間葉系幹細胞から...
© Adiposeeds All Rights Reserved.